<< 牛歩の如く。 食べることは生きること。 >>

2年。

ゆずが我が家にやってきて、2年がたちました。

遊びたくなったらぐずる。
眠たくなってもぐずる。
とにかくぐずる。

ぐずるのを無視していたら
玉砕覚悟で足を噛んで、ものすごい勢いで逃げて行く。
(そしてサザエさんとカツオのような追っかけ合いが始まる)

ヒトがご飯を食べようとしたら狙ったかのようにトイレで「大」をすること多々あり。

休日だろうがなんだろうが、寝坊は絶対に許さない。
(最近は布団をめくろうとする技を覚えた)

朝と夕方、そして夜は(主婦にとっては何かと忙しい時間帯)
テンション高くてかまってやらないと、その後しつこく機嫌が悪くなる。

相変わらずティッシュやヒモ、ビニールは隙を狙って食べようとするし、
それを吐かずに、全然別の日の忙しい時に限って暴食しては吐く。

普段はやんちゃなくせに、かなりの臆病者で
あれもこれも怖がって、へっぴり腰ですぐに押入に身を隠す。

いまだに私のTo Doリストには
「ゆずが起きている時」と「ゆずが寝ている時」の二つに分けて書いている。
(そうしないと、物事が全く進まない)

猫と暮らすのって、もっと楽なもんだと思っていたんだけどなぁ…。

旅行はおろか、長時間の外出もできないし、
家の中も、服も、ボロボロになるし、生傷もたえないけれど
気持ち良さそうに寝ている姿や
振り返ると、暗闇からガン見している姿は
生活の中で必要不可欠の光景なのです。



爪研ぎの隙間からガン見するゆず。ここで遊ぶのが最近のマイブーム。
散々遊んでやったのに、まだぐずぐずないてるけれど…
f0211424_2348568.jpg



実はもう眠いのです。誰も起きてくれって言ってないんだからさっさと寝ればいいのに…。
f0211424_23491469.jpg

[PR]
by keiko-2010 | 2012-10-28 21:20
<< 牛歩の如く。 食べることは生きること。 >>