<< 保存食作り…梅干し編。 保存食作り…らっきょう・山椒の実編。 >>

保存食作り…梅酵素ジュース編。

今年の保存食作りの覚え書き、その2です。

今年は梅をスーパーで購入するのではなく、
無農薬・無化学肥料栽培で育てている和歌山の農家さんから直接送っていただくことに。
ありがたいお話です。

同時期に2件の農家さんとご縁をいただき、
それぞれ少しずつ購入させていただくことになりました。

どちらもとっても親切な方で、電話やメールでのやりとり、
そして梅と一緒に届くお手紙を拝読して温かい気持ちになりました。
こういう方々が愛情込めて作っている梅達を一粒もムダになぞ絶対できない!と思い、
昨年より、瓶や道具の消毒には念入りになりました。
カビが生えたらおしまいですからね…。


まず青梅で作ったのが梅酵素ジュース。
f0211424_18545869.jpg

昨年、友達と一緒に酵素ジュースを作る機会がありました。
それまで「酵素ジュースって?」って何にも知らなかったんだけど
世の中ではポピュラーになっているらしく、
ネット検索すると、バンバン出てきました。

梅シロップと味も作り方も似ているんだけど違うところは
・氷砂糖ではなく、白砂糖を使うこと
・梅と白砂糖の割合は1:1.1を守ること
・「自分の常在菌」を加える為、毎日1週間手でかき混ぜること…等です。

この「常在菌」は入ることが酵素ジュースの醍醐味なんでしょうかね。
まだまだ勉強不足なのでよくわかりませんが…。

梅酵素ジュースの効能を調べてみると
・腸内環境を整える。
・細胞や血液の老廃物を排出してデトックス効果。
・新陳代謝を促す。
・免疫力アップ。
・老化防止&若返り
・消化、吸収力を高める。
・疲労回復
…といった嬉しいことが書いてありました。

「梅」だから、この効能なのか、「酵素ジュース」だからこの効能なのか、正直よくわかりません。
梅シロップと酵素ジュース2種類作ろうかと思ったけど、
一気に酵素ジュースのみ作ることにしました。

今年は3キロの梅を使用。
旦那さんの常在菌入りと私の常在菌入りと分けて作ってみることにしました。(ややマニアック)
要するに各々混ぜてみることにしたのです。
3キロあったら夏の間もつだろう、という気持ちだけで作ったけど
1週間後、一気に出来上がるので冷蔵庫も一気に酵素ジュースだらけになることを忘れていました。
今、冷蔵庫はエラい事になっています。

来年は梅シロップ1〜2キロ、梅酵素ジュース2キロにしよう…。
梅シロップはゆっくり氷砂糖が解けて、しばらく常温の場所で保存できるから
酵素ジュースが飲み終わってから、冷蔵庫に入れる事ができるはず。

そして保存容器も一つか二つ、買い足そう。
今年は梅の量と容器が合わず、慌てました…。
[PR]
by keiko-2010 | 2013-06-22 22:15
<< 保存食作り…梅干し編。 保存食作り…らっきょう・山椒の実編。 >>