<< ゆず3歳。 季節が変わると、ゆずも変わる。 >>

楽健寺酵母。

朝夕が涼しくなり、秋の気配をじわじわ感じております。
そんな今日この頃、またまたパンを焼き始めました。

一時期レーズン酵母にハマって、酵母を育てていたけれど、
夏の暑さやスクールに通い始めて忙しくなったことを等を理由に
酵母を育てることも、パンを焼くことからも遠のいていました。

でも、先日縁あって「楽健寺酵母」という天然酵母を扱っている方と仲良くなり、
パン種を分けていただきました。

楽健寺酵母でパンを焼く―りんご+にんじん+長いも+ごはんで天然酵母

山内 宥厳 / 農山漁村文化協会



レーズン酵母とまた違う風味と香りのする楽健寺酵母のパン。
育て方も少し違います。
それがまた楽しい。

酵母の「ごはん」となるのがホントにご飯。
それににんじんや長いも。あと、慣れてきたら季節のお野菜や果物を入れてもいいのだとか。
人間と同じようなものを食べて育つパン種って!
そんなバランスの良い食事をしているからか、
ちょっとやそっとで弱りません。パワフルで頼もしい。
f0211424_1892142.jpg

上の写真はごはんを食べて、元気モリモリ培養中のパン種。
最初はボウルの半分以下だったのに、倍以上に育ちボウルスレスレに…。
元気すぎて、溢れそうです。
ゆずも心配してるとかしていないとか。
(いや、絶対していない)

元気なパン種を見ていると、どんどんパンを作りたくなって、
先日我が家はパン祭りとなりました。

食パン、ピザパン、あんパン。そしていちじくジャム。
一度にこんな作ってどうするよ(笑)
f0211424_189518.jpg

食欲の秋、我が家は何度パン祭りが開催されるでしょう!?
バリエーションも少しずつでもいいから色々増やしたいなぁ。

あぁ…。またスクールのお勉強が滞りそうです…。
[PR]
by keiko-2010 | 2013-09-30 18:27
<< ゆず3歳。 季節が変わると、ゆずも変わる。 >>