<< 京都へ! 楽健寺酵母。 >>

ゆず3歳。

すっかりおサボり日記になっております。

元々ひっそりブログだし、
ヒトサマの役に立っているはずもないダラダラな日常をダラダラと書いているだけなので
「このままフェイドアウトしてもいいんじゃね?」と
思うことも一度や二度ではありません。
でもマニアックな読者がいることを信じて備忘録の為に
カメより遅いペースになりつつ、ボチボチ書いていこうと思っています。


先月、ゆずがめでたく3歳になりました。
相変わらず甘ったれ・ワガママ・神経質・臆病者で
人間のオトコだったら、絶対モテないタイプ。傍にもいてほしくないかも(笑)
猫でよかったよ…。ホント。

1、2年前と比べたら、大分手がかからないようになってきたけど、
それでもまだまだ目が離せません。
静かにしているな、と思うとコードをかじっていたり、
靴ひもをモグモグしていることはいまだにあります。
こないだも長電話しているワタシが気にくわなかったらしく、
こちらを見ながら、カーテンをかじっていました。腹立つわ…。
遊んでほしい時はしつこくなくのも相変わらず。

それでも傍にいると、ふとした時にあったかい気持ちになります。

疲れて帰ってきたときやイライラしている時でも
旦那さんと、些細なことでイヤーな空気になった時も
あの寄り目の視線を感じると
「ま、いいか」と思えて救われることもよくあります。

旦那さんとの話題もほぼゆず。
ゆずと暮らす前は何の話題をしていたのか、今はもう謎。

相変わらず、長時間の留守番は無理そうだし、
晩ご飯の外食もガツンと減りました。
いつぞや、私が友達と遅くまで喋っていて、終電間際に帰ってきた時なんて、
旦那さんよりもゆずの方が怖かった…。
旅行も全然行けなくて、残念な気持ちになることもあるけれど、
そんな日々ができるだけ長ければいいと思える位存在感の大きな猫だったりするのです。



3歳になっても、何だか幼い顏のゆず。きょとーんとしたときとかは
子猫の時と変わらない顏つきになります。
f0211424_17552129.jpg



最近ブームのキャットタワーでの生首ごっこ(ただ寝てるだけ)。
オエッとならないのが不思議でたまらない。
f0211424_17553429.jpg



我が家に来た時は手のひらサイズだったゆずだけど、
ぐんぐんぐんぐん大きくなって、今ではこんなに長くなりました。
襖の取っ手が届くのか…と私もちょっとビックリした。
f0211424_17554932.jpg

[PR]
by keiko-2010 | 2013-10-15 18:14
<< 京都へ! 楽健寺酵母。 >>